TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

甲田綏郎展 & ねん金袋帯展

2019.10.26
皆様こんにちは。
呉服サロンで今週展開している特集を、ご紹介をいたします。

真っ黒、渋い、などと写真だけでおっしゃらないでくださいね。
今週は「精好仙台平 甲田綏郎展」として、袴地を特集しています。
精好仙台平とは、仙台で産する袴地。
独特の固さやシャリ感が特徴で、シワにもなりにくい逸品です。
甲田綏郎氏は重要無形文化財保持者(人間国宝)であり、近年では仙台出身の羽生結弦選手が国民栄誉賞授与式で着用していたことでも話題となりました。
生産量も限られた品々を、今回は特別に集めてご覧いただけることになりました。
袴に合わせるお召など、きもの・角帯も充実。
「男きもののオシャレ」の世界、ぜひご覧くださいませ。


同時に「ねん金袋帯」も特集。
前回ブログで真綿に箔をからめて作る「ねん金糸」で織りあげたねん金綴れ錦のバックをご紹介いたしましたが、それに合わせてねん金綴れ錦の袋帯を特集しております。
手間暇かけた逸品は、奥深い艶や輝き、風合いが特徴です。
こちらもぜひご覧ください。


新宿髙島屋11階 呉服サロン
ページトップへ