TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

旬の魚を食べよう~4月16日(火)生鮮バイヤーおすすめ~

2019.04.16
こんにちは!!
きなこです。
今月も恒例の『豊洲市場』に、生鮮のバイヤーが買付けに行ってまいりました!!
生鮮バイヤーのレポートをお送りいたします。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
~豊洲市場 買付け直送品販売レポート~

4月中旬ともなると朝5:00にはすっかり明るくなっており
春から初夏に向かっているのだなあと実感いたします。
2ヶ月ぶりに豊洲市場に行って買付けをして参りましたので
内容をご紹介したく思います

まずは最初にご紹介を。
弊店鮮魚コーナー(中島水産)新チーフの疋田(ひきた)さんです。
若手のホープが弊店に着任いたしました。
今後は彼と一緒に若々しく(!)弊店鮮魚コーナーを
盛り上げて参りますので何卒宜しくお願い申し上げます!


さあ4月と言えば何はなくとも「桜」ですが、
魚の世界で桜といえば「桜鱒」と「桜鯛」です。
まずは青森県産のサクラマスです。一説には獲れ始める時期が桜の開花時期と重なることから
名が付いたとのこと。見た目ふっくらとして実に美味しそう。上品な脂と旨味で焼いてよし煮てよし
の春の魚です。




そして長崎県産の「桜鯛」 ようはマダイですが、産卵直前のこの時期は海の深い所から
浅い場所に生息域を移動、体色が 鮮やかに桜色~赤色となり、 これを人呼んで「桜鯛」。
冬の時期の旨味にはかないませんがお手ごろ価格でマダイ を楽しめるシーズンです。
これも春の楽しみでしょう。




こちらは毎回仕入れている 愛媛県産の釣りもののマダイです。
色目はこちらの方が「桜」らしいでしょうか。
昨今は養殖ものも多いマダイですが、 煮物・焼物には絶対天然物がおすすめです。




鯛といえば忘れてはならぬこちらのクロダイ。 いわゆる「チヌ」ですね。マダイと同じく
旬の終わりの時期が近いですがまだまだ美味しい魚です。



北海道産のキンキ、いわゆる旬は過ぎているはずですがこのプルプル感とテリ感。
あなどれません。ぜひ煮魚でお楽しみください。
のどぐろと一緒で個人的には「冬」のイメージ ですが、
春もしっかりキンキを美味しくいただいてしまいましょう。




そのほかにも疋田さんと沢山買付けしてしまい、気がついたらトラックの荷台がパンパンで
大変なことに・・・今日・明日(4/16・17)は店頭の商品量がすごいかも・・・ということで今後も
疋田チーフの下、「その日の豊洲の美味しい魚」をしっかり仕入れて販売して参ります。
何卒宜しくお願い申し上げます・・・!!




4月16日の販売風景です。こんな感じでもりもり販売しておりました・・・!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
以上、生鮮バイヤーの買付けレポートでした。
新鮮なお魚がたくさんで、ワクワクしますね。

皆様、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ!!




ページトップへ