TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

旬の魚を食べよう!~生鮮ストアバイヤーによる、2018年9月度 築地市場買付けレポート~

2018.09.19
こんにちは、フードコンシェルジュ わんこ です。
今月も、当店の生鮮 斎藤ストアバイヤーが、早朝の築地市場へ行って旬の魚を買い付けてまいりました。
築地市場最後のレポートです。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

早朝5:00前、築地市場近辺は、過ごし易い気温で秋の訪れを実感します。

市場に到着しますと秋から冬にかけて旬を迎える魚の発泡スチロール箱が所狭しと積みあがり、こちらも秋を感じさせます。
九州・四国からの養殖ぶりが特に目立ちます。また、北海道産の天然ぶり、同じく北海道産のさんま、まるまる太った長崎県産まさば等々・・・千葉の銚子からは、かわはぎや黒舌ひらめ等多様な魚種が来ていました。
場内では北海道産の魚がいつにもまして目を引きますが、これは(被害にあわれた方々に心よりお見舞い申しあげます)北海道胆振東部地震の影響で道内の(飲食・加工・物販)需要が低下、築地に北海道産の魚が多く入ってきているとのことでした
大きな災害が発生すると、やはり築地にもその影響が様々にあらわれます・・・
18日の弊店鮮魚コーナー[中島水産]で買付け商品を以下の通り販売しておりました
(販売の翌日にブログをUPで申し訳ございません・・・)
今回の個人的一押しは長崎県産まさばの切身でした。

いわゆる「秋さば」のシーズンになりましたので、今後も美味しいさばが入荷いたします
弊店にお越しになられましたらぜひ鮮魚コーナー、覗いてみてくださいませ!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
皆様ご存知の通り、築地市場は10月6日(土)をもって、その80年以上の歴史に
終止符を打ちます。4日間の移動作業を経て10月11日(木)より豊洲市場がスタートいたします。
今朝は市場の方々と移転について様々に意見交換をさせていただきました。
自身思うところも多々ございますが、市場のご関係者が一致団結して場所を変えても十全に市場としての使命を果たしていくことは間違いないと確信しています。
来月のレポートは豊洲市場の様子をお伝えすることになります何卒ご期待くださいませ!

追伸:本日とにかくびっくりしましたのは、観光客の方の数の多さ。
市場内の飲食店の待ち列も普段よりかなり伸びていました。今後お越しになられるご予定の方はご注意を・・・!
また、まぐろ卸売場の見学は9月15日に終了済み、水産・青果仲卸売場の見学については9月29日に終了するとのことですのでこちらもご注意くださいませ!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

築地市場が終了し、豊洲市場がいよいよ来月スタートですね。
来月のバイヤーのレポート、お楽しみに♪







ページトップへ