TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

ご予約はお早めに!一年を締めくくる老舗自慢の「年越し蕎麦」

2020.12.25
みなさま、こんにちは。
いろいろあった2020年ももうすぐ終わり。今年の年末はご自宅でゆっくり過ごされる方も多いと思いますが、年越しの準備は順調でしょうか?

今回は、大晦日に欠かせない食べ物「年越し蕎麦」の話題をお届けします。
総本家 小松庵では、ただいま年越し蕎麦の予約を受け付け中。受付期間は12月30日(水)までとなっていますので、「まだ準備していなかった!」という方はぜひ。厳選玄蕎麦を自家製粉した老舗自慢の味で、どうぞ良い年をお迎えください。

■年越し蕎麦…二人前 2,200円(税込)、三人前 3,200円(税込)
※事前に予約をしておけば、当日は待つことなく受け取れます。

総本家 小松庵が教える、
家庭でおいしく蕎麦をゆでる三つの心得

■ひとつ、蕎麦を茹でるお湯の温度を下げないようにする。
→蕎麦を茹でるお鍋とお湯受け用のお鍋の2つを用意しておき、たっぷりのお湯でテキパキと手順よく茹でるのがポイント。

■ふたつ、蕎麦は一人前ずつ茹でる。

→必ず一人前ずつ、パラパラと麺がくっつかないように入れてください。蕎麦の茹でからザルあげまでの時間は30秒~1分を目安にしてください。

■みっつ、冷たい氷水で素早く冷やす。

→茹であがった蕎麦の粗熱をとったら水を張ったボールに入れてぬめりを取り、続いて氷水の入ったボールのなかで泳がせます。蕎麦をしめる時間の目安も30秒~1分。

当りまえのようですが、ちょっとした工夫で風味が際立ちます。この三つを意識しながら、ご家庭でも美味しい蕎麦をお楽しみください!
>>茹で方のコツをさらに詳しく知りたい方はコチラをどうぞ!


総本家 小松庵(13F)
03-5361-1865

ページトップへ