TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

coppers早川展~奇妙世界探検記~

2021.07.02
皆様、こんにちは
只今!coppers早川展~奇妙世界探検記~開催中でございます!
今回も『銅の細胞を持つ生物達が住まう世界』からたくさんの作品たちがやって来ました~!

■会期:2021年6月30日(水)→ 7月12日(月)
■会場: 新宿髙島屋10階 美術画廊
 ※最終日は午後4時閉場。
 ※営業日・営業時間等は変更になる場合がございます。

coppers早川さんよりメッセージをいただいております。
「今展は、coppers早川が2001年より親子ユニットとして活動を始めてから、20周年の節目となる展示となります。モダンでレトロフューチャーな世界の表現―『銅の細胞を持つ生物達が住まう世界』―それがcoppers早川のコンセプトです。どこか懐かしく、不思議で奇妙な、この世界で、あなたの好きな”あなたのカタチ”に出会うことができたら幸いです。
ぜひご高覧下さい。」                                                                         


「KAIJIN X335」47×37×H129㎝
『そびえ立つ、その姿に畏怖を抱くものもいるだろう。
物言わぬ彼らの中に、心を感じずにはいられない。
これまでも、これからも、彼らの遥か彼方への行進は続いていく。』
このように、coppers早川さんの作品にはそれぞれ物語があり、作品脇には物語が書かれたカードが添えられています。
様々な作品をご覧になりながら、その世界観もお楽しみいただけます。

「KAIJIN X335」部分
素材は銅と真鍮、その板を叩いて、叩いて、立体作品が制作されていきます。
この大きなKAIJIN を形作る小さな部品も全て手作りで、
その制作方法は大きな作品も小さな作品も同様です。
作品のディテールの精巧さには驚かされます。

左から「Namazu Jr.」30×13×H9㎝、「海底探査ロボ 2号」15×16×H19㎝、
「Go!Go!Machine」14×17×H13㎝


こちらは手のひらサイズの作品たちです。「ビフィズス菌」、「ニュウサン菌」等々。


キーホルダーも12種類ございます。
持ち歩くほどに銅の赤褐色、真鍮の黄色が綺麗に出てきます。
経年劣化による金属の変化をお楽しみくださいませ~

今展では、大小合わせて約200点が出品されております。
新宿高島屋10階美術画廊で『銅の細胞を持つ生物達』を是非ご覧くださいませ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

☆インスタグラムもございます!

新宿高島屋美術画廊(@shinjuku.takashimaya.gallery)では
展覧会情報を随時更新中です!
こちらもぜひフォローくださいませ。







ページトップへ