TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

あたらしい時代の幕開け展

2019.05.12
皆様こんにちは。
新宿店では、改元を記念し「あたらしい時代の幕開け展」を開催しております。
「平成」から「令和」に代わり、これからの時代が明るく希望に満ちた夢のある時代になるように、
という祈りを込めて作品を展覧いたします。
皆様お誘い合わせの上、当美術画廊にお越しくださいませ。


武田 双雲 「令和 」
掛軸 190×79cm  



松浦 浩之 「Sputnik 」
20号S アクリルオンキャンバス 



井上 裕起 「salamanDharma」
H30×W28×D26cm  FRP 




瀧下 和之 「桃太郎図ノ八百七拾伍 鬼ヶ島で一筆。」
10号P アクリル、パネル 



岩田 壮平 「梅花 」
20号M 雲肌麻紙・岩絵具・金箔・膠 



林 茂樹 「deva device "TC-Z" #2 」
H102×W66×D73cm ed.2  磁器 


山本 太郎 「月下白梅図 00 」
20号M 紙本金地着色銀彩


福井 江太郎 「韻(イン)」
8号F 


あたらしい時代の幕開け展
■会期:2019年5月8日(水)→5月20日(月)
午前10時~午後8時まで(金・土は午後8時30分まで)
※最終日は午後4時にて閉場

■会場:新宿髙島屋10階美術画廊
お問い合わせ→03-5361-1615


皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます(^0^)/




ページトップへ