TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

時松はるなの七十二候、70 :「款冬華(ふきのはなさく)」

2018.01.19
皆様こんには。
1月20日~2月3日頃は「大寒(だいかん)」と呼ばれ、一年で一番寒さが厳しくなる頃です。

時松はるなさんの七十二候も今回で第70弾となりました。
「款冬華(ふきのはなさく)」ご紹介いたします!!






70 
款冬華(ふきのはなさく) 1月20日頃

蕗の花が雪をおしのけて地面から顔をのぞかせるころ。
天ぷらや蕗味噌などでほろ苦い香りが楽しめる蕗の薹。
一年でもっとも寒さが厳しいとされる「大寒」ですが、地面の下からは新たな春の息吹を感じることができます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
時松 はるな TOKIMATSU Haruna 略歴
1984  千葉県生まれ
2007  多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
七十二候とは・・・
二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、
これをさらに約5日おきに分けて、
気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。
二十四節気と同じく古代中国で作られました。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
告 知 !!
「時松はるなのこよみ展」
■会期:2018年1月31日(水)→2月12日(月)まで
 新宿髙島屋、10階美術画廊におきまして、個展を開催いたします!!

時松はるなさんの七十二候についてのお問合せ先・・・
新宿店10階美術画廊→03-5361-1615(直通)
■営業時間:午前10時~午後8時まで(金曜・土曜は午後8時30分まで)

これからも季節に合わせた時松はるなさんの七十二候の作品をドンドンご紹介していきます!
皆様、お楽しみに~(@^^@)/




ページトップへ