TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

時松はるなの七十二候:66、雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)

2017.12.30
皆様こんにちは。

師走になり、皆様お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。
ところで、大晦日から元旦にかけて108回の鐘をつきます除夜の鐘ですが、
108回の数字は、月の数、二十四節気、七十二候を足した数という説もあるそうです。
その他にも様々な説が伝えられていますね。

時松はるなさんの七十二候、第66弾!「下出麦(ゆきわたりてむぎいずる」
ご紹介いたします。





66
雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる) 12月31日頃

 
雪の下で麦が芽を出す頃です。
まだまだ寒い日が続きますが、そんな中でも植物は芽吹く力を育みながら、
あたらしい年に向けて少しずつ進んでいきます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
時松 はるな TOKIMATSU Haruna 略歴
1984  千葉県生まれ
2007  多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
七十二候とは・・・
二十四節気(にじゅうしせっき)は半月毎の季節の変化を示していますが、
これをさらに約5日おきに分けて、
気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。
二十四節気と同じく古代中国で作られました。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

時松はるなさんの七十二候についてのお問合せ先・・・
新宿店10階美術画廊→03-5361-1615(直通)
■営業時間:午前10時~午後8時まで(金曜・土曜は午後8時30分まで)

これからも季節に合わせた時松はるなさんの七十二候の作品をドンドンご紹介していきます!
皆様、お楽しみに~(@^^@)/




ページトップへ