TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

銅の細胞を持つ生物達

2017.08.10
coppers 早川展~Journey~好評開催中です。
連日、沢山のお客様で画廊はにぎわっております。

親子ユニット(父と息子)であるcoppers早川のコンセプトは「銅の細胞を持つ生物達が住まう世界」。
この可愛いウサちゃんもcopper「銅」で制作されています。正確には銅と真鍮です。
平たく硬い金属の板から、この見事な柔らかい曲線は生み出されます。
叩いて叩いて形作られるのです。
その姿はモダンで レトロフューチャー、みな不思議な姿をしています。
見たことないけど、どこか懐かしい。
それは銅や真鍮の色がそう思わせるのかもしれません。

では、coppers早川の魅力をご紹介いたしましょう。



美しいラインを持つ乗り物モチーフには根強い人気があります。




作品は高さ70~80cmのものから、小指の先ほどの小さなキーホルダーまでサイズも豊富です。
小さなキーホルダーは1,836円(税込)からありますので、気軽に本物の作品を買える楽しさがあります。


そして、coppers早川の多くのファンが楽しみにしているのは、作品のキャラクターにストーリーがあることです。
そのお話は作品の足元に置かれたカードをご覧くださいね。不思議な世界が広がります。
では、特別に一つだけ「フロッグマン」をご紹介しましょう。

「フロッグマン」のお話
特別な日の夜、どこからともなく彼が願いを聞きにやってくる。
たずさえた小さなバックに願いをしっかり記憶して、静かに夜の闇に消えていく。
願いは叶うのだろうか?

いかがですか?
闇夜に消えていく彼の背中が・・・見えますか?

お楽しみはもうひとつあります。


作品の一部である小物が素晴らしい。
今回のメインビジュアルである本の専門家「Book Sommelier」が持つカバンの中身は?
なんでしょうか!
是非、美術画廊でご覧くださいね。
「Book Sommelier」がお出迎えしております。


coppers 早川展~Journey~
会期:2017年8月2日(水)から8月14日(月)
連日午前10時から午後8時まで開催。(金・土曜日は午後8時30分まで)
最終日は午後4時閉場。
会場:新宿髙島屋10階美術画廊








 






ページトップへ