TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

縄文怪人あらわる!

2017.06.12

松山賢展 縄文怪人土偶怪獣 開催中です。
この絵のポーズ?
歴史の教科書でご覧になった記憶はございませんか?
そうです。縄文時代を代表する火焔土器です。
なんと!松山賢さんは火焔土器を怪人にしてしまいました。
今回、画廊には縄文怪人が集結いたしております。

十二神将をモチーフにした怪人です。


大迫力の「土器怪獣クマンコガオ」壁掛け式の土偶です。


美しいプロポーションの土偶も!


縄文の森を力強く駆けていたであろう「土偶怪獣イノシシン」


観音様のような怪人もいらっしゃいます。


野焼きの土器もございます。

今展では、松山賢さんが日本人の根源的美術表現としての「縄文」をテーマに制作した油彩・アクリルの平面作品に加え、野焼きによる立体作品まで近・新作を一堂に展覧しております。
博物館風の展示もお楽しみくださいませ。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

野焼きの風景はこんな感じです。

主な個展
2008年「探索」(新宿髙島屋/東京)
2011年「絵の具の絵」(新宿髙島屋/東京)
2012年「写真の絵・原寸の絵」(大阪髙島屋/大阪)
2013年「たてる絵」(日本橋高島屋アートアベニュー/東京)
2014年「カラー・ミー・ポップ」(日本橋高島屋美術画廊X/東京、新宿髙島屋/東京)
「抽象画ある。彫りがある。」(木之庄企画/東京)
2015年「絵の具のカレンダー」(みうらじろうギャラリー/東京)
「ハーイプシィ」(みうらじろうギャラリー/東京)
2016年「ヒロインズモウコズエンコウズ」(みうらじろうギャラリー/東京)

松山賢展 縄文怪人土偶怪獣
会期: 2017年6月7日(水)→19日(月)
時間 :午前10時~午後8時、
ただし6月9日(金)・10日(土)・16日(金)・17日(土)は午後8時30分まで、
※最終日は午後4時閉場
会場 :髙島屋新宿店10階美術画廊








ページトップへ