TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

これは金属ではない!

2017.05.27

絶対「立体」主義
松岡ミチヒロ展  好評開催中です。

見よ!この質感を!
見た目は金属、しかしその実態は石粉粘土なのです。
松岡ミチヒロさんは自然物の美しい形や機械のカッコいい形からインスピレーションを得て、
実在しそうでしない不思議なオブジェを生みだしている、造形作家です。
その作品の質感は実に様々で、金属、石、珊瑚、フジツボ、植物の種子などなど。
それは、松岡ミチヒロさんの抜群な塗装技術と創意工夫によるものです。

海にいるフジツボにみえますでしょ。


こちらは植物の種が入ったサヤを表現したものです。


これが作品の全体像です!
スゴイ迫力です!


使い込まれた装置は劣化や歪み、退色や剥げなどを表現した仕上がりから、私たちに「時間の経過」を感じさせます。


プラモデル好きの高校生だった松岡ミチヒロさんは、様々なものを石粉粘土とアクリル絵具で作り始めました。
建築関係の一般企業に就職されてもなお制作に対する情熱は冷めることなく、
会社員と作家の二足の草鞋を履いておられた時期もありました。
継続は力なり!
造形作家として活動される近年は、国内外のアートフェアや個展、グループ展に出品され、
その造形力の高さゆえ、様々な業界から注目を集めています。
百貨店初個展となる今展では、松岡ミチヒロさんの世界観を余すところなく発揮した渾身の作品約20点を一堂に展覧いたします。
不思議な生物と装置を融合させたオブジェを是非間近でご覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。



主な個展
2005年 「錆びた記憶」/ギャラリー龍屋(愛知)
2008年 「松岡ミチヒロ08個展」/ギャラリー龍屋(愛知)
2010年 「絶対立体主義」/ギャラリー龍屋(愛知)
2011年 「Childhood Dreams」/ARTISHOX Art Gallery(ベルギー)
2013年 「DEVICE」/ギャラリー龍屋(愛知)
2014年 「10ecem」/ ギャラリー龍屋(愛知)
2015年 「Nois」 / ギャラリー龍屋(愛知)
2016年 「TRANSIT」 /ギャラリー龍屋(愛知)
 
主なグループ展
2005年 「GEISAI」/東京ビッグサイト(東京)
2009年 「Assembled Artifacts」/Device Gallery(北米・カリフォルニア州サンディエゴ)
2012年 「MORPHOUS」リベットギャラリー(北米オハイオ州コロンバス)
2014年 「with ハローキティ」展/ MDP GALLERY(東京)
2014年 「円谷プロダクションクリエイティブジャム50 3rd」展/名古屋PARCO(愛知)
2016年 「ART of ULTRAMAN」/新宿髙島屋10階美術画廊(東京)
2016年  「Artistic Christmas vol.Ⅹ-MIRAI-」/新宿髙島屋10階美術画廊(東京)
2017年 「新宿髙島屋美術画廊10周年記念~そして広がる~」/ 新宿髙島屋10階美術画廊(東京)

アートフェア・その他
2013年「ART NAGOYA 2013」/ウェスティン名古屋
2014年「ART NAGOYA 2014」/ウェスティン名古屋
2015年「ART OSAKA 2015」/ホテルグランヴィア大阪
2015年 クリスティーズ香港ASAIA+/FIRST OPEN
2016年 クリスティーズ香港ASAIA+/FIRST OPEN
2017年「ART NAGOYA 2017」/ウェスティン名古屋



絶対「立体」主義
松岡ミチヒロ展
会期 2017年5月24日(水)→6月5日(月)
会場 新宿髙島屋10階美術画廊
午前10時から午後8時まで。
金・土曜日は午後8時30分まで、
最終日は午後4時閉場。






ページトップへ