TAKASHIMAYA BLOG新宿タカシマヤ

時松はるなさんの七十二侯♪

2017.02.03
皆様こんにちは、ナルミです。
突然ですが、「72侯」という言葉を皆様はご存知ですか?
七十二候(しちじゅうにこうとは、古代中国で考えられた季節を表す方式のひとつで、
二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のことです。
では、二十四節気(にじゅうしせっき)とは・・・1年を24等分し、その分割点を含む日に季節をあらわす名称をつけたものです。

 新宿店の美術画廊では、これから皆様に「七十二候」を題材に描かれた時松はるなさん作品を
1年をかけて、毎回ブログを通じてご紹介をしていきます♪
皆様もご一緒に季節を楽しんでくださいませ(^^)/


01  東風解凍(はるかぜこおりをとく)







・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
 ・東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日頃

この時期はまだまだ寒いですが、暖かい風が吹いて湖などの氷が徐々に溶けだし、

凍った土の中からは蕗の薹(ふきのとう)が顔を出しはじめます。
冬眠から目覚めた動物が一番に口にするものが蕗の薹といわれるようですが、
独特な香りとほんのりとした苦味に感じられる春の気配を
待ち遠しくしている人も多いかもしれません。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



これから季節に合わせた時松はるなさんの72候の作品をドンドンご紹介していきます!

皆様、お楽しみに~(@^^@)/


皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げます♪♪


ページトップへ